エア冗談

カープファンは金本とられたっていってんのに、巨人ファンはラミレスとられたっていってないな。次期監督はペタジーニの奥さんでお願いします。あんなやり手はいない。 うちの奥さんは、TVはとりあえず8にしてたけど、最近は4か5からだな。フジテレビかわい…

肉義士伝

いやー、楽しくのんだぞい。なんだか新撰組の人達が身近にかんじられて、楽しかった。歩くのがかったるい120キロぐらいあるKは座りたくて飲食店はいる から、観光もはしご酒で最高でした。

新撰組イーブン

今日は親友のK君と久々の逢瀬だ。新撰組にはまった二人は日野で落ち合うのだ。いつか京都に行きたいのう。 前の会社の上司が尊攘派であわなかったので、Kは立派な佐幕派にしようと思います。高杉晋作と坂本龍馬を教えないでおかないと。

眠れん

小心者すぎて辛い。金曜日に会社の飲み会があった。酒好きの俺は調子に乗って、ベラベラしゃべり今は自己嫌悪と誰かを傷つけていないか不安になる。 なぜ、こんなに人に嫌われるのが怖いのか、いつも飲んだ後はこうなって、次にみんなにあうまで怖くてたまら…

優者ロト

昨日の不調から一転、わりと調子良かった。 何年か前の自分の善行を会社の同僚から指摘されて恥ずかしながらご機嫌になってしまった。たいしたことではなくても覚えてくれている人もいるもんで、別に誉められるためにやっているわけではないけどね。 小さい…

あれっ、調子悪い

風邪のひきはじめか調子が悪い。よくないサイクルだ。疲れが出たか?。 仕事も嫌だし、こういうときはガードを固めてただただ時が過ぎるのを待つしかない。本当にガードのポーズをしたりする。 そのうちどうにかなるだろ。

結局、子どもに期待すること

アイドルマスター?とかいうののCMを見て娘が「大きくなったらこうなりたーい。」と言っていた。「アイドルは大変だと思うよー。」と言ってる嫁さんは賢い人だと思った。 赤ちゃんのときは、それこそ可能性が無限大に広がっていて親が期待しちゃうのもわから…

最強の格闘技

最強の格闘技を論じると、まず試合派と実戦派にわかれ、試合派はルールでまずもめてリングか金網か畳か着衣か裸かヌルヌルしちゃだめかとか、実戦派は素手か武器ありか一人か多数かなどで必ずぐだぐだになる。 そんなものは、一人一人が自分にあわせて考えれ…

誰が好きかよりも

職場で一番仲良しなのは、元ベトナム戦争の難民のyouさん。歳も違えば、文化も常識さえも違う。性格もわがままで無責任だ。ただ、日本人が経験したことのない経験や苦労、生まれ持った頭の良さ、何より俺を認めてくれている。 親友のK君も、高校を卒業してな…

 長生きしたいと思わない

漠然と長生きしたいと思わない。死ぬ苦しみが怖いから生きているだけで、今日寝たまんま死んじゃったらどれだけ幸せかと思う。 生きていることが魅力的に思えない。過去のことを思うとき、恥ずかしくて死にたくなることしか思い出せない。きっとこの先も恥ず…

見た目で判断してんじゃねーよ。

「見た目で判断してんじゃねーよ。」教師に反抗する不良は、学生どうしだと「ナメんなよ。」と見た目で脅しをかける。結局見た目じゃん。 昨日は信号待ちしてる、現役時代の北斗晶みたいなメークしたお婆さんを見た。この人は人に近づいて欲しくないんだろう…

 掘り出し物

いやー、自分のことを深く考えていたら、コンプレックスをたくさんみつけてしまった。 容姿にたいするコンプレックスと性的なコンプレックス。これは、乗り越えたと思ってた。でも、人間関係における、過度なサービス精神と人と深く付き合えないという自分を…

今日はいったん落ち着こう。

日記を書くに当たり、ひねり出して見ると、とんでもない自我が出てきちゃった。自分を分析することははたして幸せなことなのかとも思う。 しかし、怖くても自分を見つめることが、大失敗しないことだと信じつつ、今日は一旦おちつこう。 あー、腰が痛いなー…

「風たちぬ」をみた

三歳の娘と宮崎駿の「風たちぬ」を見た。仕事中にラジオから「ヒコーキ雲」のカバーが聴こえてきて、無性にみたくなったのだ。 ずいぶん大人向けの内容だと思ったけど、夢中で見てた。難しいところは「病気治ったのかな?」とか、「どうしたのかな?」とか、…

流れて行く与太話

巨人の新監督にオガタコウイチどうですか? ドラマ面白かったね、「喜多島舞が黙ってない」。 警察が軽率だよね。警官がいかんよね。 維新の松野さん、維新のイメージは橋下徹にあるから難しいなら、長州力つれてこいよ。だめなら越中。 公務員は働かないっ…

平等とお金

お金とは平等の為のツールであると思う。汗水たらして働こうが、パチンコで勝とうが、税金ちょろまかそうが、AV女優のギャラだろうが、お金はお金だ。これは綺麗なお金とか、これは汚いお金とか、ない。儂はクチャクチャにたたんじゃうから、自販機に拒否さ…

自由と自分

人間は自由という刑に服している。 自由というのは、選択であり行動である。選択は後悔を伴い行動は能動的であることを求める。職業選択の自由は必ず評価される苦痛を伴い、居住の自由は過疎とコミュニティの崩壊を伴う。恋愛の自由はモテる奴モテない奴を生…

真面目受難の時代

うちの弟はとっても真面目だ。30過ぎて眠れないっていうから「寝酒」を薦めたら、養命酒飲んでたくらい真面目だ。 真面目な人は面白い。独身で時間をもて余してても投資信託してる。教習所の適性テスト心理テストみたいなの3回くらいやり直し、もっと適当…

差別って

昔、店長をしていたことがある。バイトの中国人の娘に「店長は外国人にも優しい」とお世辞を言われた。「俺は中国人でも韓国人でも白人でも黒人でも、差別はしないよ。ただ、美人だけは優遇する。」と言ったらすごい差別だと怒られた。冗談だと伝わったみた…

I like ○○.

会社に不器用な人がいる。手先とかではなくて、人間的にだ。 異性にも同性にも、相手のことが好きなのに、それを認められずに妙な態度をとってしまう。結局へんな人だと思われてしまう。認知欲求が強くて自己アピールを極度にしてしまう。自分の世界に他人を…

過去現在未来

人生は知らないことだらけだ。そう思う。もし過去に戻れたらなって、思うのは知ってしまったからだ。知ってるのが過去で知っていってるのが現在で知らないのが未来とも言える。 そして、過去も定かではない。記憶はあいまいなものだし、時間は流れて行くもの…

ハンセンとテロリスト藤原

プロレスが好きだ。親友のK君と大学のときは新生FMWに夢中だった。崩壊後のWMFの旗揚げとミスター雁之介の引退試合はみてる。橋本大地のデビュー戦もK君と見に行った。 カラテ道場でもプロレスごっこばかりしている。先日はジャイアントスイングを知らない若…

反戦でテロリストです

アメリカでは貧乏な家の子どもが学費のために軍に入ることも珍しくないという。そして死ぬやつもいる。貧乏な家の子どもが命を捨てて勝ち取った国益というやつを命をかけない金持ちの子どもが甘受する。 徴兵性の国だって士官やエリートや学生など死なないと…

次のシルバーウィーク 

次のシルバーウィークは弟と遊ぶ約束した。11年後。俺は45弟は43だ。時の流に驚くばかりだ。一緒にスーパーマリオで遊んだり、相撲で負けそうになって張り手でk.o.して二度と相撲をしてくれなくなったり、ストⅡで負けそうになってリセットボタン押して「本当…

かっこいいぞYAMAHA、しかし…

高校生の時に初めて買ったバイク、人生で一番の買い物だ。 その後、いろいろなものを買ったけど、あの中古のR1-Zより時間をかけて買ったものは無い。だからやっぱりYAMAHAか好きだ。 そもそも企業イメージとしてのYAMAHAは素敵すぎる。街で見るYAMAHAはバイ…

大学時代教わったこと

K君とは、大学時代からの親友で馬鹿なのに単位を確実にとる方法を開発していたことがある。それは、空き時間は積極的に先生に会いに行くという作戦だった。 一般教養の先生なんかは喜んじゃって、酒と柿ピーだしてくれて他の先生の悪口を聞かせてくれたり、…

近藤勇を舐めるな!

親友のK君が、「翔ぶがごとく」?ゲームから幕末に興味を持った。私はチャンス到来と秋山香乃の新撰組のシリーズをプレゼントした。 ドンピシャにはまったK君だけど、彼がはまったのは土方歳三だった。わかるよ。わかるけどね。 司馬遼太郎以来だと思うけど…

娘達の寝顔に

今、隣で寝ている君たちに望むことは、ただ生きて欲しい、ただただ生きて欲しい。 ただ生きるのだって難しい。まして、お姉ちゃんは病気と付き合っていかなければならない。妹ちゃんもこれからなにがおこるかわからない。それよりも事故や自殺のほうが怖い。…

立派なケチ野郎

エネルギー保存の法則のように、すべてのことを他のことに変えて考えるとシンプルに物事を見られる。例えばお金や時間だ。 人間関係も、この人には年間三万円使おうとか、こんな奴に五千円も使いたくないとか、人間関係の維持費を考える。そうするとケチな私…

好きな本

本好きというか、歴史小説好きです。年間でたぶん100冊以上は読む生活を15年続けているが、歴史小説っていっぱいあるなぁ。そこで読書感想文を三本。 まず、隆慶一郎の「死ぬことと見つけたり」。これは、前書き「葉隠れが面白くてなぜ悪い」の言葉どうりと…

武勇伝武勇伝

極真館に入門して7年になる。初めて実戦を経験した。 恥ずかしながら朝の10時からはしご酒してベロベロになった5時頃、娘達にケーキを買って帰宅中家まで10分位のところで声をかけられた。「何、俺の前に立ってんだ」と。身長180位で30位の男だった。 …

安保と中国と後藤象二郎

今日も安保法制がニュースになってる。反対派賛成派、右左、いろいろな意見があっていいと思うけど。私は極右で極左だから、現在の議論は物足りない。 極左としては、そもそも平和憲法とされるものを守るんなら自衛隊をなくしてアメリカからも距離をとるべき…

言い訳していい訳

「こんなはずじゃなかった」とか「あのときに帰りたい」とか独り言で言ってしまうときがある。30代になる結婚して子どもがいる男だ。 ただ一人の友達は会社をおこしどんどん成功していく。弟は独身で実家暮らし趣味にいきてる。幼稚園でほかの家族は自分より…

恥めまして

数年前流行ったAVに未満というのがあった。私も擬似を未満と言うような、言葉の力で付加価値を付けるブログをしたい。 いつか、二人の娘(3歳と1歳)に読んで欲しいと始めるブログが、いきなりAVの話になっちゃった。恥めまして。